英単語を覚えるのに苦労していませんか? – 読み書き計算で学ぶ – 1日15分の苦手克服

実は私、英単語を覚える労力を半分する方法を知っています。
っていうか、身につけました。

摩天楼-01

この方法を身につけると、英語の発音も良くなってしまいます。オマケにヒアリングもかなり楽なります。

その方法とは「フォニックスを身につける」ことです。
 

フォニックスとは何か

 フォニックスは、英語の発音をアルファベットで表すルールのことです。

 アルファベットは表音文字です。表音文字とは、文字通り「音を表す文字」のことです。

 文字が生まれる前に、すでに英語はありました。その発音を表すためにアルファベットが発明されたのです。ですから発音を表すルールがあるのは当然のことです。

 このフォニックスをアメリカでは小学校で習います。だからアメリカ人は知らない単語であっても、文字を見ればそれなりに発音できるのです。
 

ローマ字の呪い

 日本の学校では、フォニックスは習いません。

 しかも英語を学ぶ前にローマ字を習います。

 ローマ字はアルファベットで日本語の音を表すルールです。日本語の発音と英語の発音はぜんぜん違います。だから同じアルファベットを使っても、ローマ字と英語は全く別のものなのです。

 それなのに、同じアルファベットなので英語をローマ字読みするので頭がグチャグチャになるのです。

 さらに日本の学校の英語の先生の大半はフォニックスを知りません。だから、「英単語は、意味と発音とつづりを丸暗記しなさい」と指導されることがほとんどです。

 発音の仕方から違う言葉を、何の脈絡もないセットで丸暗記することは、コンピューターなら大得意です。彼らは一度入力すれば二度と忘れません。でも人間の脳と心はそんな風には出来ていません。

 日本人の英語嫌いの根源の一つは、英語の前にローマ字を習うことだと私は確信しています。
 
 

Tag: ローマ字  
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

● フォニックス教材のご案内
 http://manabiba.com/index.php?go=dOQJi0
 三ヶ月ほどまじめに毎日10分学べば
 知らない英単語の70~80%が
 アメリカ人のように読めちゃうはずです

● フェイスブック
 https://www.facebook.com/okada.yasu
 友達申請していただければ
 原則的に承認させていただきます

● ツイッター
 https://twitter.com/manabiba
 フォローしていただけるとうれしいです
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です