学ぶ心を殺すな – 読み書き計算で学ぶ – 1日15分の苦手克服

まなびばに勉強の相談に来た人には、しばらくお話をした後で、算数のプリントを見てもらいます。

 プリントは、数字の練習から微積分まで500種類ほどあります。どのプリントにも基準となる時間が書いてあります。その時間内にミス2個以内でできれば、そのプリントの内容は身についていると考えても、それほど大きな問題はありません。

 中学生でも高校生でも、三桁の数で割るわり算のプリントに合格できる人はほとんどいません。やり方はわかっていても、途中で何度も考え込んだり、2回に一回は間違えたりするのです。

 算数・数学では計算する力は言葉のようなものです。中身を表すために使う道具です。考え込んだり、よく間違えたりするようでは、算数・数学を理解することは難しくなります。さびた包丁でお料理をするようなものだからです。

 そこでどれくらいの計算なら、スラスラと間違えずに出来るのかを、プリントをやってもらって調べるのです。中学生でもひき算の筆算がスラスラと出来ない人は少なくありません。小学校3年生でも暗算のたし算がスラスラ出来ない人がかなりいます。

 そんな子どもに
「学校で習っている算数・数学の問題がちゃんとできるように勉強しなさい」
と言うのは、鉄砲を持たずに戦争に行きなさいというようなものです。

 もちろん、勉強は戦争ではないので、死ぬことはありません。でも、学ぶ心が死んでしまうこともあるのです。

 やってもやっても成果が見えない事を、えんえんとやり続ければ、やる気がなくなる方が健康だとすら言えるからです。
 
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

●あなたの計算力を無料でチェックします
 http://manabiba.com/index.php?go=PpRfOm
 学び方の基本が、計算力で学べます。

● フォニックス教材のご案内
 http://manabiba.com/index.php?go=dOQJi0
 三ヶ月ほどまじめに毎日10分学べば
 知らない英単語の70~80%が
 アメリカ人のように読めちゃうはずです

● フェイスブック
 https://www.facebook.com/okada.yasu
 メッセージつきで友達申請していただければ
 原則的に承認させていただきます

● ツイッター
 https://twitter.com/manabiba
 フォローしていただけるとうれしいです
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です