中学数学の文章題が解けない原因は10個以上ある – 読み書き計算で学ぶ – 1日15分の苦手克服

中学数学で、文章題が解けない原因は一つではありません。

多くの人は「文章から式が立てられないからだ」と思っておられるようです。だとしても、その原因は一つだけではありません。

  1. 日本語の文章が読み取れない
  2. 単位が分からない
  3. かけ算かたし算か、引き算かわり算かが分からない

といくつも違う原因があります。

さらに

  1. 式が立てられても方程式の解き方が分からない
  2. 正負の数の計算規則が分かっていない
  3. 規則は分かっていても時々間違える
  4. 分数計算があやしい
  5. わり算があやしい
  6. かけ算があやしい
  7. ひき算があやしい
  8. たし算があやしい

といくつもの原因があります。

原因は一つのお子さんもいるかもしれませんが、たいていはいくつかもの原因が絡まりあっています。そして、中学生でも、わり算があやしい子どもはかなりいるし、たし算があやしい子もいます。

ですからほとんどの中学生が文章題の練習をいくらしても、解けるようになることは難しいのです。でも、学校の宿題も、学習塾などで出される宿題も「中学校で今習っていること」が中心です。

主な原因が、今学校で習っていることにある場合なら、それで良いでしょう。

今学校で習っていること以外に原因がある場合は、ほとんど効果が上がらなくて当たり前です。

わり算がスラスラとできない子どもが、大量に文章題に馬鹿正直に取り組んだところで、わり算がスラスラとできるようになることは、絶対にありません。

ところが、そんな練習をすることを真剣になって提案する人は私以外にほとんどいないと言ってもよいでしょう。
 

中学生が学校の宿題や塾の授業をクソ真面目に受けることも意味がないとは言いません。でも、少なくとも同時に、かけ算が苦手な子どもにはかけ算の練習をしっかりしてもらった方が、大人になってから絶対に役に立つのです。
 
 

Tag: 学び方  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

●あなたの計算力を無料でチェックします
 http://manabiba.com/index.php?go=PpRfOm
 学び方の基本は計算力を身につけることで学べます

● フォニックス教材のご案内
 http://manabiba.com/index.php?go=dOQJi0
 三ヶ月ほどまじめに毎日10分学べば
 知らない英単語の70~80%が
 アメリカ人のように読めちゃうはずです

● フェイスブック
 https://www.facebook.com/okada.yasu
 フォローはご自由に
 メッセージつきで友達申請していただければ
 原則的に承認させていただきます

● ツイッター
 https://twitter.com/manabiba
 フォローしていただけるとうれしいです
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です