ひらがなを書くのが苦手なら数字の練習を – 読み書き計算で学ぶ – 1日15分の苦手克服

5月も半分が過ぎました。

小学校1年生のお子さんのある方なら、お子さんの字が気になっているころではないでしょうか。

鉛筆の持ち方は、大丈夫でしょうか? 右利きか左利きかよりも、鉛筆がしっかり持てているかは、一生ずっと影響があります。しかも年が上になればなるほど直すことがむずかしくなっていきます。

今のうちがチャンスです。

毎日5分でいいので、正しい持ち方の練習に付き合っていただけるといいでしょう。

 >鉛筆の持ち方はコチラで

それから、字の形がなかなか取れないお子さんの場合は、ひらがなには目をつぶって、数字の練習をしっかりするといいでしょう。数字の方が形が簡単だからです。「あ」や「そ」や「ぬ」なんて、むちゃくちゃむずかしいですから。

まずは簡単な数字がしっかりしてくると、あら不思議、ひらがなもだんだん整ってくるのです。

挑戦は結果が出やすいところから少しずつがコツです。
 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

● フェイスブック
https://www.facebook.com/okada.yasu
フォローはご自由に
メッセージつきで友達申請していただければ
原則的に承認させていただきます

● ツイッター
https://twitter.com/manabiba
フォローしていただけるとうれしいです
 
● フォニックス教材のご案内
http://manabiba.com/index.php?go=dOQJi0
三ヶ月ほどまじめに毎日10分学べば
知らない英単語の70~80%が
アメリカ人のように読めちゃうはずです
 

Tag: 学び方

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です