フォニックスを学ぼう

フォニックスを学ぼう
フォニックスを学ぼう
ローマ字と英語とは別物なのです

私は高校生の頃、英語が大嫌いでした。

特に英単語を覚えるのが嫌いでした。単語の意味と発音とつづりをまとめて覚えるのが苦痛でした。何しろ「英語のつづりと発音の間にはつながりがない」と思っていたので本当にイヤでした。

ところが大人になってから「英語のつづりと発音には決まりがある」という事を知りました。それがフォニックスです。

フォニックスとローマ字は違う

フォニックスを学ぶ上での一番の問題は「フォニックスとローマ字がまったくと言っても良いほど違う」ということでした。

フォニックスはアルファベットで英語の発音を表すための決まりです。ローマ字はアルファベットで
日本語の発音を表すための決まりです。英語と日本語とでは、発音からしてぜんぜん違うのですからこの二つが同じわけがありません。

ところが似ているところもあるのです。そして日本の学校ではまずローマ字を教えます。そしてフォニックスの存在も知らない先生が英語を教えることが多い。だから子どもたちは英語をローマ字のように読んで混乱してしまうのです。

しかもローマ字の決まりにはほとんど例外がないのに対して、フォニックスの決まりは100あまりある上に、例外もあります。

それでもフォニックスが身についてしまえば、英単語の95%くらいが、ほとんど正しく読めてしまいます。

アルファベットは表音文字

私の場合、中学高校と単語の覚えるときに「とにかく覚えろ」としか言われなかったし、それを真に受けていました。本当に馬鹿でした。

フォニックスには論理があるので、ひとたび身についてしまえば自然に読み方が分かるようになります。英語の発音を知っていればそれなりにつづりの見当がつくようになります。間違えたときも修正する方法が理屈が頭に浮かぶようになります。

バラバラの知識より、つながった知識の方が人間の記憶に優しいのです。フォニックスが身につけば英単語を覚える労力は半分以下になります。

おかだ式フォニックス教材

そんな事実が分かってしまったので、私は「日本語がある程度読めれば、誰でもフォニックスの決まりが自然に身についてしまうプリント教材」を作りました。

一日10分の学習を3ヶ月ほど毎日まじめに続ければ、フォニックスの7割くらいが身についてしまいます。

理屈を知って覚えるのではありません。アルファベットを見るだけで、なんとなく英語らしく読めてしまうようになるまで、順番に何度も練習する教材で学ぶお手伝いを、私がさせていただきます。


おかだ式フォニックスについはコチラでまとめています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です