大事なのは、自分の知恵を育むこと

学校や普通の学習塾では、クラス全体で同じことをことを同じように学ぶのが原則です。個別指導でも学校のペースに合わせて学ぶことを目指すのが普通です。

ところが、神様はとっても不公平で、人の学ぶ力は人それぞれにものすごく違います。人が違えば同じことを同じように学ぶことはできません。同じ先生の同じ授業を受けていても、受け取れる情報も、学び取れることも、その質や量は人によってものすごく違うのです。

ですから、大事なことは、先生のお話しされた内容をできるだけ正確に聞き取り、理解することではありません。そのときに自分がわかっていること、できること、身につけることができることを知り、自分のペースで一つずつ自分のものにしていくことなのです。

自分の状態に合わせて、自分の智恵を少しずつ膨らませていく力なのです。

Posted by 岡田 康之