計算プリントをおすすめするわけ

最初に、なぜ計算プリントをおすすめしているのかをお話します。

 子どもの勉強に付き合っていると、「こんなこと意味あるのかナァ」と思うことはありませんか? 私は進学塾で数学と物理を教えていたときに、そう思ったことが、計算プリントによる学習を提供することになった発端でした。

揺れる心
 

テストのためには必要だけれど

 確かに大学に入るのには、とりわけ医学部に入りたいとか思ったら、高校数学は必須です。でも、大人になってからベクトルだの微分積分だのが必要になる人って、あんまりいないんですよね。

 大学入試のときはバッチリ解けた問題でも、三回生になるころにはさっぱり忘れていたりする。理系学部ならまだしも、法学部や文学部ならほとんど使わないわけです。

 それに高校時代に勉強するときに、数学に興味や関心を持っている子どもはほとんどいません。だいたい授業では何に使うのかといったことを話す先生もほとんどいません。

 生徒から「岡田先生はどうしてそんなに数学の話しを楽しそうに出来るの?」とあきれられたことも一度や二度ではありません。
 

結局忘れることに意味があるのか?

 でも、試験があるから仕方なく勉強する。問題練習を何度かすれば試験では解けたりする。でも2週間もすればきれいに忘れてしまう。そんなことを繰り返していて何の意味があるんだろう? と、受験指導をしながら考え込んでしまったわけです。

 実際、高校時代の数学や物理で何をしたかなんて覚えている人はほとんどいないでしょう? 中3で習う因数分解や三平方の定理だって、使ったことも無ければ思い出すことも無い人が圧倒的に多いのではないでしょうか?
 

実は計算力が身についていない

 でも私の仕事は数学を教えることだったので、何とか意味がある学びはないかと探して行き当たったのが計算力でした。

 実は中1で二桁の数で割るわり算を、悩まずにスラスラと計算できる子どもは半分もいません。筆算の引き算でも3分の1、筆算のたし算でも4分の1はあやしいのです。

 計算の仕方が分からない子はそれほど多くは無いけれども、5回に1回くらい 8+7 が 16 になってしまうような子どもがそこそこいるのです。かけ算九九にいくつかあやしいのが混じっていると、方程式の解き方は理解しているけれども、2回に一回くらいは間違えてしまう。

 これではイヤになってしまわない方が、どこかおかしい…
 
 そういう子どもでも、ていねいにお話しをすれば、二次関数でも理解できます。でも、いざ問題を解くと半分も解けない。ケアレスミスだったことにして自分を慰めても苦手意識はなくなりません。だって、実力が無いんですから。いくら気持ちで注意しても問題が解けるようになるはずが無いのです。
 

必要なのは基準

 そんな状態なのに、ほとんどの子どもも親も「計算はできる」「文章題が苦手だ」と思っています。なぜなら「できるか、できないか」の基準が無いからです。わずかな問題に時間をかけて、じっくり考えて正解にたどり着けば「できる」と思ってしまうからです。ただ「わかった」だけで、「できるようになってはいない」のです。

 計算は数学の言葉です。英語が聞き取れない子どもに「アメリカの大学に入れ」と言う人はいません。でも計算力がヨタヨタの子どもに「学校の宿題は全部しろ」言う親も先生もたくさんいます。

 私のプリントを2~3枚もすれば、どれくらい計算力かが一発で分かります。公文式で分数まで終わったと言っていた子どもがかけ算の筆算をクリアしないことも何度もありました。

 どんな基準かといえば、決められた時間内でミス2個以内という単純なものです。私がすれば、思いっきりゆっくりていねいな字で、途中計算も全部書いて1分以上の余裕があるレベルです。勉強に向いている子どもであれば、1~2回で基準の時間の半分くらいでできてしまうレベルです。

 それをクリアできないのが現実なのです。

 「鉄砲を持たずに戦争に行け」と言っているようなものなのです。

計算を通して自分の心に向かい合う

 そんなわけで、学校で習う問題が解けることも大事ですが、自分の現実をありのままに受け入れる。その上でやるべき事を見つける。そして地道に努力する。やってみた結果をまた受け入れる。

 ただの計算練習ですが、そんな振り返りと今後の計画を自分の体と頭を使って考える練習をすることが、私のおすすめしている計算プリント学習なのです。

 基本は1日1枚のプリントをして、すぐ答合わせをして、間違えたらミス直しをして、時間とミスの数を記録するだけです。せいぜい15分で終わる事を毎日する。ご飯を食べるように、歯を磨くように、自分の計算力に磨きをかける。

 たったこれだけの事を、一年も続けられる子どもも大人もほとんどいません。

 「できませんでした」

と平気で言う。聞いてみると日曜日の朝11時まで寝ていたけど、その後行くところがあて、夜8時に帰ってきた。だから「できませんでした」ということだったりします。

 「ぼくの目から見れば、『ゆっくり寝てしなかった』にしか見えないんだけどね」

などといった話をすることが私の仕事です。

 ともあれ、1人でも多くの子どもたち、そして大人の方々に、自分の計算力を私のプリントで測定して欲しいナァと思うのです。
 

岡田 康之(おかだ やすゆき

学ぶ力をつちかう学習塾
「まなびば」主宰 岡田康之
 

調査も兼ねて
皆様の計算力を
無料でチェックしています

ご希望の方には
その上で10日程度
無料体験学習ができます

ご希望の方は
今すぐ下のボタンを
クリック

 
 

全面改訂:2016年9月9日
最終更新:2016-09-10 (土) 20:47:23